外来あるある

私は今クリニック、整形外科の外来で働いています。
ふと思った外来看護あるあるをメモ程度に書いていきたいと思います。
病棟で働く看護師さんも意外と知らないことかも笑!?


 

・来た時点で患者さんが自分で診断をつけている
(´﹏`)「昨日転んで骨折しました」
(´﹏`)「肉離れになりました」
ん…?もう診断つけちゃってるwww
その通りかもしれないけど検査しなきゃ分からないこともありますよ。
とりあえずどうしてそう考えたかを聞いています。

・患者さんが違う科の薬も欲しがる
「風邪引いたから風邪薬も欲しいんだよね…」
もしかしたら風邪ではないかもしれません。インフルエンザかも!?
よくあるのが風邪薬を欲しがる人ですので、
そういった人には症状を聞いて、その場でバイタル測定して、感染症か考えます。
できるだけ周りの患者さんから遠い位置に座ってもらったりマスクをつけてもらったりします。
患者さんとしては一度に病院を終わらせたい気持ちは非常に分かりますが、
できれば専門の病院に行くことをおすすめします。

・「私の血管入りやすいって言われるのよ」と患者さんに言われる。
外来だけではないかもしれませんが。
そう言われるとプレッシャーが半端じゃないです(>_<)

・呼んだ患者さんと違う人が立ち上がって近づいてくる
コワイです、ホントに。ひやひやです。
特に新患の方だと、近づいてきた人が名前を呼んだ人だと思ってしまいます。
一応(?)呼ぶ前に年齢と性別を確認してどんな人かを想像して待合室に行って呼ぶのですが。。
やっぱりお年寄りの方が多いので間違って聞こえたりすることもあるんですよね。しょうがない。
なので近づいてきた人には「○○さんですね?」と確認をしています。
私はどんなに常連さんでも毎回確認するし、
一度呼んで待合室に戻ってもらってまた数分後に呼ぶときも確認しています。

・月曜日や祝日後が混む
とにかく休日後が混みます。
定期的に来ている人には祝日を考えて多めに薬を出したりすることもありますが…。
それにしたって月曜日は混みます。
病院にもよるとは思いますが、受付したときにどのくらい待つか聞いても良いかも。

・待たせているとホントに申し訳ない気持ちになる。
患者さんとしては「いつまで待たせてるんじゃぁぁああぁぁああ!」
思っているかもしれませんが、ホントに申し訳なく思っています。。
時間のかかる処置の患者さんが来ていて処置中だったり、
骨折疑いや高齢者であるため移乗に時間がかかっていたり、
(高齢者の転倒や事故でなら救急車を呼ぶ勇気も大事)
クリニックでは対応できない患者さんが来たため
医師が大きい病院への紹介状を書いていたり。。
ただ患者さんと話して注射をするだけではないのですよ。。
私の働いているところの場合は一応1時間以上待ち時間ができそうなら
それを伝えるようにしていますが。予測できない場合もあります。
申し訳なく思う気持ちもあるし自分もそうだからか、
私はマイペースな医師よりもせっかちな医師の方と働く方がストレス少ないです笑。

・感染拡大を考える
上記にもあるように整形外科なのに風邪を引いて来る人もいます。。
なので「熱があるんだよね」と言われた時点でもう一回熱を測ってもらって。
症状他にないのか聞いてみて。マスクをしてもらって。内科受診を勧めて。
患者さんが座っているエリアから少し離れたところにいてもらいます。
整形外科なので患者さんの大半が感染症にはかかっていない人。
なので(?)広げないためにもそういった配慮って外来では必要なんですよね。


 

とりあえず今のところはこんな感じです笑
病棟とはまた違うことを経験させてもらっています。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
一日一善、一笑い、一ポチ

広告