看護師の自己満

二年目になり。
まさに自分の出来なさを痛感している次第。
業務的な物はもちろん、医療知識的な物も。
さらになんか疲れてるみたいで全然家事できず。
もっとしっかりしたいわー。
そして何か自分が何をやりたいか分からなくなってきた問題。
大学時代の同期が1年看護師をやって
結構な人が転職していた話を聞いて、おお…ってなった。
保健師になった人もいれば、一般企業に就職した人も。
私もずっとここで働くつもりは無いと思っているんだが。
では次は何をしたいのか。決めないと何か無い限りだらだら続けてしまいそう。

元々看護師になりたくて看護学校に行ったわけではないので、
もし高校時代に戻れたら、
もっと勉強して大学に行って看護師にはならなかっただろうなーって思う。
なんだろう、凄い悪い言い方をすれば「妥協して看護師になった」っていう感じ。
でも大学で看護師・看護っていろんな可能性を秘めてるなって思えて。
専門時代絶対にならないと決めた看護師になってしまったんだけどさw
今仕事しててもコレって看護やってんのかなって思うことばっかり。
なんか医師の下請けなのか私たちは?と思うことばかりで。
(そんなに医師の下請けが嫌ならお前が医者になれよ!という批判はご勘弁(∩´﹏`∩)

先日一年生と飲む機会があり。
私が一年目の時からずっと思っている
「なんで医師に向けて何かお願いするときは下からいかないといけないのか」
「医療者は同じ立場なはずでは無いのか」を感じているようで。
共感しすぎて思わず握手してしまいました。

この図ですよ、この図。
img_ikusei_01

でも現場に出たらそんなの全く違うからね。
私的には学生時代は出来たのに仕事になったらできなくなった!とか、
仕事が大変すぎてこんなはずじゃなかった!っていうことのリアリティショックではなくて。
看護師やその他の医療職者との距離感がありすぎること
(多職種が患者さんを囲った事なんてないわ…!)
医療者全員と患者が同じ立場であるなんて嘘だった。
(みんな患者の事様付けで呼ぶし、やっぱり医者は偉いし)
っていう、学生時代に教わったことは所詮理想の世界であって、
現実とはギャップがありすぎるっていうリアリティショックです;

患者さんに看護計画を開示して一緒に回復に向かっていきましょうっていう感じで、
患者さんが治療に参加している感を与えられるように色々やってるけど。
これも結局は患者さんのためっていうか、私たちの自己満じゃないか?って思ってしまって。
今まで何人も受け持ち患者を担当して自分の立てた計画を説明してきた。
まあたいした内容じゃ無いのもあるけれど結局その計画が書いてある紙が
退院の時に捨てられているのをみると「まあそんなもんだよね」って思う。

治療を良いより環境で受けられる様に環境を整える
より回復に進むようにケアを行う
分かってはいるけれど…、看護師の自己満にならないようにすればどうすればいいんだろう。
あーあ、じぶんのやっている事の価値がわからなくなったらこんなに辛いんだね。

もしかしたら去年書いているかもしれないけれど。
今この病院で働いていて辛いことの一つにこの病院を信頼できないからです。
だって自分の働いている病院に家族を入院させたくないんだもん。
そんな家族を入院させたくないと思う病院で働くって辛すぎじゃない?苦笑
あーーーー、早く辞めたいw

広告