免許は目的ではなく手段

学生時代ってとりあえず単位取って国試受けて卒業するのに必死で。
とりあえず出席して頑張ってましたよね。
でも卒業して働き始めてしまったら。
その後のことが全然考えられてない、そろそろ考えなきゃとは思うんだけど。
先日職場のアンケートがあり、今後のことを考えてる?的な質問があって。
管理職になりたいわけでもないし、専門の知識を持つ看護師になりたいわけでも無く、
今の病院で長期間働きたいと思っているわけでもないし。

学生時代は免許を取ることがゴールでスタートだと思っていたけど。
働いてみたらその免許を取って何をするかが大事なんだよね。
手段として免許を使って何をするか。
私の知り合いでも臨床以外で活躍している看護師が何人もいます。
成長するためにも今後の人生のためにも臨床はやっぱり大事でベースになるとは思うけど、
私も早く臨床以外で活躍したいよーーーー。
わらじを何足を穿くような人になりたいなーーー。


学生時代のこと思い出したけど。
看護学校って何であんなに「体調良くない」が悪になってしまうんだろう。
体調管理をしててもストレス・不眠・体力消耗で体調も崩すでしょうよ。
体調良くないことの何が悪いのよ(今だから言えるけどw)
全然学生さんを担当することは無いけれど(多分来年かなぁ;)
患者の体調と同じく学生さんの体調も考えてあげる余裕のある指導者になりたいね。

一時期大学に行って専門学校で固められた頭を柔らかくする過程で、
「看護師という仕事に適正があるかを学生時代に見極めで、ふるいに落とすことも必要」
なんて偉い先生が言ったから「そんなものなのかなぁ…」と思っていましたがやっぱり違う気がする。
障害とかハンディがある人を社会に出さないっていうのと一緒だよね。
もちろん中々職場によっては合わない人も居るけれど、
やっぱりできる限り成長を促せるように支えるのが教育だよねって改めて。

学生時代「看護ってなんだろう」ってかなり深刻に考えて、
「あなたの看護観は?」って聞かれまくって。でも看護観ってなによって話なんだけどさ。
なんで看護だけ看護観とかあるわけ?って思う。
だって薬剤師に「薬剤師観は?」とか聞かないし、放射線技師に「放射線技師観」は聞かない。
でも今コレを書いてて思ったけど、教員って「教育とは何か?」って考えるか。
持っている能力を伸ばすのも教育だし、出来ないことを出来るようにするも教育。
そういう感じ?でもそれって教育する対象によるよね?
看護も対象によるよね?だから看護観とかなくね?←
看護師2年目にしてもあなたの看護観は?とか聞かれても私答えられねーわww
でも病院実習で「看護観歪んでる」って教員に言われることはあっても、
教育実習で「教育観歪んでる」なんて言われることは無いんだろうな、なんなのこの差。
ってか教育実習で「あなたの教育観は?」なんて聞かれることなんてないかww

私の大学時代の同期や職場の先輩も合わせて、
看護師で卵巣腫瘍になった人が多数いたことが発覚。
やっぱり夜勤とかやってホルモンバランス崩れるのかな。
私は婦人科行って「別に今すぐ子どもが欲しいわけじゃないなら関係ない」って言われて
なんだーって思ったことがあったので、まぁ何か症状が無い限り婦人科は行きませんが←
そういう事実を聞いて誰でもなり得るんだなって思いました。


そして今日の夜勤でプリセプターさんと
「どこまで医師に気を遣わないと行けないのか」って話を話した。
かなり気を遣って下手に出てると思うんだ、病棟の先輩達、私も。
【点滴本日から入力ありませんので継続でしたら入力お願いします】
ってお願いしても、その逆指示(看護師から医師への指示)を受けたまま
特に何も反応がないっていう。
中止なら指示で【9月9日から中止します】って書いてくれればいいし、
継続なら入力してくれればいいのにさ。
その【継続でしたら】っていう言葉が悪いのかしら?ってなったけど、
先輩は「ちゃんと指示確認してるのに返答無いなんて医師が悪い」って言ってくれて、
医師の指示出し忘れまでこっちで一つ一つやってたらキリ無いって。
ずっっっっっっっと私が思っていたことを肯定してくれて嬉しかったな。

広告