生存報告

体調は薬で調整しながら生活してます。
最近ストレスも無いためほぼ内服しないで過ごせていましたが、
やはり試験の前日当日はぐったりするため、内服しないと全く活動できず頭が働きません;
就活してますが、元々面接が苦手な私はうまくいきませんね;

時々「もっと我慢して、体調崩してでも這ってでも仕事に行って、
今の職場を辞めるって言う選択をしなければよかったっていつか思うかも」とか。
たらればマイナスに考えてしまいます、無意識に安定を求めているからかなぁ。。
学生の時の「不安定の方が面白いかも」とか「大変な方がやりがいがあるかも」って
何も知らないから考えられたのかなぁって、若かったなぁ(2年前だけど)って思う苦笑。
未知の世界に進むことの楽しみよりも不安の方が大きいのは私が憂鬱だからなのか。

色々考えたけど「選択する」ことを怖がってるからだと思う。
私の目の前の選択肢がたくさん広がってて。
「私はいったいどれを選ぶんだろう。どれを選びたいんだろう、自分で自分がわからない」
多分この状況が怖いんだと思う。そりゃそうだよね、後から後悔するかもしれないしね。
でも「どんな選択肢を選んでも後悔するなぁ…」って考えれば怖くないかw
学校進学もたくさん受けて合格したところに行くしかなかった経験をしてきた私としては、
ある意味ほぼ無限に近い選択肢から次の一つに行くのがまた気が遠くなるようだ苦笑。

でもとりあえず、次の職場がどんなところでも、また新たに頑張るだけ。
先のことは考えすぎず、目の前にある課題を頑張るだけ。
だからその頑張る場所を頑張って探す。
こんな風に書いてると「もう人生は頑張るしか無いんだな」って思っちゃうねw
まあ楽して新しい仕事探して、楽して仕事してなんて出来ないからなぁ。

さっきも書いたけど結局どの選択肢をしても今なら後悔すると思う。
「この職場に行くことになったけど、やっぱり妥協しないでもうちょっと就活すればよかった…。」
「やっぱりあの職場の内定蹴らないで、働けば良かった…」
どの選択肢でも後悔してしまう「これでよかったんだろうか」と思う。
これで気がつきました、後悔をしない人生をおくることは不可能だって(極論)
実は今まで自分で選択した事って本当に数少なくて高校時代吹奏楽部を辞めた事くらいです。
でもそれは正直後悔していません。それは本当に辞めたくて辞めたくてしょうが無かったし、
吹奏楽部を辞めてから入った放送部が楽しくて全国大会にも行くことが出来たからです。
だから強い意思を持って決断すれば後悔しないのかなと思うけど、
やっぱりまだ強い意志を持つことが出来ないから、こんな気持ちになっちゃってるんだなぁ。
お金がないならお金がないなりの生活をするしかない。
結局世の中妥協で出来ているんだなぁ。上を見続けているわけでは無いけれど。
やっぱり一つの所に長く働きたいと思うから。慎重になってしまうのはしょうがないか。

そしてお金のために初めてちゃんとした節約をしようと思う。
正社員(ちゃんと賞与がもらえるまで)になるまで我慢すること
・服を買わない(どーーーーしても無いと困るときはセールで買う)
・本は今予約してる分だけ(勉強本は別だけど!)
・コンビニはチャージだけで物は買わない
・できるだけ自炊する
・夜の電気代が高いからできるだけ電気を使わないように気をつける

広告