B to C をやりたい。

先日大学院生とご飯に行ってきました。
私は高校時代以前の友達とほぼ連絡を取り合っていないので、
今やりとりがある友達は看護師ばかりです。
そんななか、看護や医療では無い分野の人と話す機会が中々なく;
今回医療とは関係の無い事を学んでいる人と話をしてとても刺激になりました。

彼はこれから就活が始まるのですが。
働きたい会社の業種(?)があって。
でも正直今学んでいる物と繋がりがあまり感じられなかったので、つい、
「面接みたいな事を聞いてごめんね?何でその業種で働きたいと思ったの?」
と、聞いてしまいました。

そうすると、
「今学んでいるような分野の会社に入ると、
企業を相手に商品を売ったりするような所ばかりで、
自分は会社相手よりも個人を相手にするような仕事をしたい。」と話をしてくれました。

そのときに学んだ言葉が
「B to B」Business to Business 法人顧客相手のビジネス
「B to C」Business to Consumer 個人顧客相手のビジネス

彼の話を聞いて、私が言いたかったことってこれか!って思えました笑。
今は健康診断の会社で働いている私は契約している会社のために仕事をしている。
やりとりをするのも契約している会社の担当者。これって「B to B」だよね?
でも私がしたいのって会社の従業員に直接面談をしたり、会社の中に入っていて健康的な会社を作ること。
個人に何かを売っているわけでは無いからちょっと違うかもしれないけれど。
「B to B」ではないよね?どっちかというと「B to C」だよね?
個人相手に仕事をしたいんだよ私は。。
一対一で人と話をして、関係を作りながら健康を作っていきたいんだよ。

いつか「B to C」の仕事ができるように「B to B」の会社で色々な会社を見ながら、
勉強していきますわ::

それにしても本当に看護って世間が狭いし視野が狭いなw
自分が世間知らずなのもあるけど、こういう常識?的な言葉をしらない。
やっぱりたまには他の職種の人とも話を聞くのは大事だなと思いました。